読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SenKuSyaー未来を担う若者たちへー

東京で毎月セミナーを開催しています。 これからの社会を担っていく若者たちへ、その溢れるやる気と若さを存分に発揮して、日本を、世界を変えていけるような人材になれるようにアドバイスします。 興味がある方は是非セミナーに足をお運びください。

ホームページはこちら

http://senku-sya.com

【SenKuSya企業理念】教師や身近な大人の言う通りに生きれば、後悔しない生き方が出来るのか

こんにちは、SenKuSya代表の原田皇侍です。 今日は、企業理念についてお話します。

 

今、僕が掲げているサービスは2つ。セミナー事業とプログラミング。 まず、その何でセミナー事業をしたいと思ったかについてですね。

 

僕は以前有頂天になってた時期がありましてね、もう誰も自分の考えが最高で、 教えをもらうことはもうないってそう思ってた時がありましてね。 実際に友人や家族とか目上の方とかですね、そういった方と話しても、なんか納得行かないなって。 絶対自分の考えの方が優れているってね。そう思っていたんです。 そして、ある時ふと本を読むようになったんです。 元々僕は医学部を目指していて、それで小学校の時から勉学を頑張っていたんですね。 ですけど、いざ試験を受けてその夢が潰えたんですよ。 まあ、浪人する方法もあったんですけど、僕は鹿児島を出たいって気持ちが強くて、地元で浪人は考えられなかったんですよ。

 

 

そして、その時にたまたま友達にスティーブ・ジョブズの信者がいましてね。 中学生の時から、かれこれ5年ぐらい言ってるわけですよ。 そこで、どんな人なのかなって思って、スティーブ・ジョブズの自伝を読んでみたんですよ。 本が凄く嫌いで、退屈な内容の本にしか巡り合ってなかっただけなんですが、読み終えるのに2ヶ月ぐらいかかったんですね。 それで、読み終えてこう思ったんです。 なんて素晴らしい人がこの世に存在していたんだって。

 

彼は、今でも僕の尊敬する人であり、目標にしている人なんですが。 彼の自伝を読んでみて、僕の年に何をしていたと思いますか。 彼はブルーボックスという電話をタダでかけられる装置を作って売りさばいてたんですよ。 そして、大学を中退して、グシャグシャの髪とよれよれの服で、アタリという会社に行き、 「雇ってくれるまで帰らない」っていうんですよ。 そこで、結果的に働かせてもらって、21歳で実家のガレージで起業した。 ああ、こんな人生があるんだって思いましたね。

 

それと同時に悠長に構えている場合じゃないって思いましたね。 だけど、そういう生き方って、学校や社会で教えてくれないじゃないですか。 当たり前のように、大学出て、優良企業に務めることが、最高のルートだって、そう教えるじゃないですか。 別に僕はそういう生き方を否定するわけじゃないです。 ですけど、別の生き方も知っててほしいって思うんですね。 どっかで、「あれ、なんか違うな」って思った時に、そういう知識が必ず役に立ちますから。

 

だから、僕は、色々な生き方、考え、技術などを知ってほしいんですよね。 特に若い人に。これからも後悔しない生き方をしてほしいから。 そういった意志をもって、僕は、皆さんに、これからの人生で必ず役に立つって心の底から思えることを セミナーを通して知ってほしいんですよ。

 

僕が今まで吸収したこと、これから学んでいくこと、全て伝えたいと思ってます。 皆さんにより良い生き方をしてもらいたい、それが僕の企業理念です。

ホームページはこちら

http://senku-sya.com