読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SenKuSyaー未来を担う若者たちへー

東京で毎月セミナーを開催しています。 これからの社会を担っていく若者たちへ、その溢れるやる気と若さを存分に発揮して、日本を、世界を変えていけるような人材になれるようにアドバイスします。 興味がある方は是非セミナーに足をお運びください。

ホームページはこちら

http://senku-sya.com

何の為に生きるのかって考えると、後世にドデカい何かを残す為でしかない

Blog(ブログ) Thinking(考え)

 

起業したいって言ってる人は、今の日本には沢山いると思います。


僕は、小学校の時から、自分の会社を持ちたいってのはずっとありました。 その時はなんか起業したいとかって言ってる人は少ない気がして、 その野望だけで凄いみたいな感じでしたね。 まあ地方だからってのもあるかもしれないんですけど。


ですけど、今は本当に沢山いますよね。 学生の間では意識高い系って、そういう人たちのことを呼んだりしてますけどね。


本当に沢山いるので、自分もちょこちょこ会って話す機会があるんですよね。 それで、そういう人たちは、大体起業したいとか、独立したいとか言ってるんで、 何で?っていつも聞くんですよ。


これは、学生に限らず、もう既に働いてて独立願望のある20代後半の人達もそうなんですけど、 あるいは起業してる人とかでもそういう人がいたりしますが、 理由に全然情熱がこもってないんですよね。


業界の発展のためだとか、地方を活性化させる為だとか、 色々言ってますけど、全部僕は嘘くさく聞こえちゃうんですよね。 学生の方とかだと、お金が欲しいからとか率直に言ってくる人もいますけど、


要するに、その仕事だと稼げそうだからっていうのが、独立の理由だって人は沢山いますよね。 というか僕が会ってきた人は、そういう人が殆どでした。 中には、本当に情熱持ってる方もいましたけど、そういう人は圧倒的に少なかった気がします。

 


それで、何が言いたいかって言うと、僕の尊敬する人、まあ伝記を読んできた人ですね、

Appleスティーブ・ジョブズとか

テスラモーターズイーロン・マスク

Facebookマーク・ザッカーバーグ

京セラの稲盛和夫とか

そういった人たちは、情熱の量が半端ないんですよ。


それで、僕が目指すのもそっちなんですよね。 信じてもらえるか分かりませんが 情熱を大事にしてお金じゃないって本気で思ってます それで、そういった人たちと仕事したいって本気で思ってます。


勿論事業を継続して発展させるには、収益が必要だし、 売れるってことは良い商品ってことなので、お金は大事です。


ですけど、そのお金をどうやって手に入れるのかって考える時は、 この業界は稼げそうだとか、これから必要になりそうなのはこれだとか、 そういった出発点じゃなくて、 自分がやりたいことを出発点にしたいんですよ。


その上で、社会に貢献って言えば嘘っぽいですけど、 これなら利用してくれる人に。自分は本当に良いサービスを届けられそうだっていうのと、 自分も思う存分打ち込めるっていう その2点を大事にしてから、収益の話や事業拡大に広げていきたいんですよね。
それで、まあそれなら、どっかの会社の元で企画出してやればいいじゃないかってのが あるかもしれないんですけど、 それってその上の人に「終わりにしよう」って言われたら終わるじゃないですか。


だから、自分のやりたいことよりも収益を優先しないといけないし、 常に上の顔を伺ってやらないといけないですよね。


僕は、自分の考えで進めれば、全部上手くいくっていう変な自信があって、 そして、常に全責任を負う立場で有りたいんですよね。 そうじゃないと本気でやれないっていう、困った性格なんですけども。


だから、全部自分で決めたいし、勿論専門家の意見は重視しますけど、 最終的には自分が決めるっていう。


そして、もう一つ重要なのが、 多くの人の記憶に生きた証を残したいんですね。 自分が死ぬときを想像する人はあまりいないと思いますが、 僕は、結構考えるんですよ。 この世に生まれた以上、後世に何かを残さないと僕は死ねないなって思うんですよね。
普通の人が普通に生活していれば、身近な人に影響を与えることは出来るけど、 世界規模で考えた時に、多くの人に影響を与えることはできないですよね。 それが僕はしたいんですね。 本当に多くの人に良い影響を与えたいし、あの人がいたおかげで……って言われる人になりたいんですね。


まあこの2つが理由ですね これでお金が目的じゃないって信じてもらえましたかね。
まあ長々と話してきましたが、 以上諸々含めて考えた時に、 起業するしかないし、自分が社長やるしかないっていう結論に達したって まあそんな感じです。

 

それではまた今度。

ホームページはこちら

http://senku-sya.com